隣に住む幼馴染の事を好きになり、窓から部屋を覗いたらとんでもない格好になっていた!俺「3日で15回も…」

1

沙織はベッドに寝転がって雑誌っぽいのを読んでいた。

 

その時は10分位ぼーっと見るだけで止めたが、

 

以降暇を見つけては見るようになった。

 

しかしお互いに塾はあるし、俺はさらに週に2回家庭教師を付かされていた。

 

正直、あまり見る機会が無かった。

 

ただ、見れる時は少しでも見るようにした。

 

純情だった俺は好きな人を遠くから見ているだけで満足だった。

 

沙織も雨が降っている時は雨戸を閉めてしまうが、

 

それ以外のときはレースカーテンしかしていなかったので、

 

ある程度部屋の中の様子は見ることが出来た。

 
↓ 次のページへ ↓